ここから本文です

【RIZIN】村田夏南子、MMA第4戦目で柔術ファイターと激突

イーファイト 8月16日(火)19時52分配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の記者会見が、8月16日(火)都内にて行われた。

【フォト】ツイスターが極まった様子

 今年4月にMMAデビューした2012年女子レスリング全日本選手権優勝者の村田夏南子(フリー)のMMA第4戦目の相手が決定。アメリカのMMA総合格闘技)団体「Combate Americas(コンバット・アメリカス)」の人気ファイターであるキーラ・バタラ(アメリカ)と対戦する。

 バタラは柔術をバックボーンとする21歳のファイター。寝技の名手として知られるエディ・ブラボーに師事し、サブミッションスキルには定評があるという。2012年から本格的にアマチュアMMAの大会で経験を積み、翌年には19歳にしてアメリカ最大のアマチュアMMA団体「Tuff-N-Uff(タフイナフ)」のアトム級王座を獲得。2014年にプロデビューを果たすと、師匠譲りのツイスター(相手の上半身と下半身を左右にひねり上げ、首・背骨・脊髄に痛みを与える寝技)からパウンド連打でTKO勝ちを収めるなど、これまでに8戦5勝(2KO)3敗の戦績を残している。

 バタラは「初めて訪れる日本で、Combate Americasを代表して戦えることを誇りに思います。村田選手との試合はタフな挑戦になりますが、私は自分の技術に自信を持っています。調子も良いので、素晴らしいパフォーマンスを披露出来ると思います」と自信のコメントを寄せた。

 一方、対戦相手が決まった村田は「相手は私を倒そうと必死に向かってくると思いますが、自分も相手をぶっ倒す気持ちでしっかり準備したいと思います」と返り討ちを狙う。

 MMAデビューから着々と進化を遂げる村田が4連勝を飾るのか。それとも、人気とテクニックを兼ね備えたバタラが得意の寝技で村田を仕留めるのか。

最終更新:8月16日(火)19時54分

イーファイト