ここから本文です

<常盤貴子>池松壮亮の“ヘアカット”にヒヤヒヤ 予定よりも短く切られ…

まんたんウェブ 8/16(火) 19:55配信

 女優の常盤貴子さんが16日、東京都内で行われた映画「だれかの木琴」(東陽一監督)の完成披露プレミア試写会に共演の池松壮亮さんらと出席。撮影では美容師役の池松さんに髪の毛をカットされたという常盤さんは「予定していたよりも、さらにいかれたんですね。本番中に私自身も『まだいくんだ…』ってすごくヒヤヒヤして……」とその“ヘアカットシーン”を苦笑いで振り返った。

【写真特集】常磐さんの黒のシースルーの衣装がセクシー

 一方、池松さんは「常盤さんの髪の毛を切るのはすごい緊張するかなと思ったけど、周りの大人が緊張しまくって『あいつ間違えたらやばいぞ』みたいになっていて、だから逆に緊張しなかった。面白かったですね」と回顧。常盤さんの髪の毛を“切り過ぎた”ことについては、「それは東監督がカットをかけなかったから」と苦笑しながら釈明していた。

 映画は井上荒野さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作で、平凡に生きてきた主婦が、ふとした心の隙間(すきま)に入ってきた美容師の男に心をとらわれ、次第にその思いがエスカレートしていき……という物語。常盤さんが徐々にストーカー化していく主婦を、池松さんがその対象となる美容師を演じる。9月10日公開。

 舞台あいさつには、勝村政信さん、佐津川愛美さん、東監督も出席。常盤さんと池松さんは今回が初共演といい、池松さんは常盤さんについて「ずっと見ていた方。僕なんかが素晴らしい女優さんと言うのはおこがましいくらい。いろいろなものを見てきた方なんだろうなと。どこにも寄りかからず、二本足で立っている姿がすごく孤独にも見えたし、すごく強くも見えたし、こうなりたいなと思った」と語っていた。

最終更新:8/16(火) 21:14

まんたんウェブ