ここから本文です

“圧倒的コスパ”を目指す新興オーディオブランド「カンピーノ オーディオ」の挑戦

ITmedia LifeStyle 8月16日(火)6時10分配信

 「campino audio」(カンピーノ オーディオ)というオーディオブランドをご存じだろうか。昨年、クラウドファンディングサイトの「makuake」にハイレゾ対応イヤフォン「CP-IE300H」とBluetoothスピーカー「CP-SP500H」を出品し、目標の10倍以上となる1341%の支援金額を集めた新興オーディオブランドだ。

「CP-IE300H」のデザインモチーフは“壺”

 もともと国内外の有名オーディオメーカー出身者が集まって立ち上げた新ブランドだったが、今年1月には株式会社マイオンを設立して正式にファブレス(工場を持たない)のオーディオメーカーとして1歩を踏み出した。社員数はまだ10人ほどだが、6月から支援者への商品発送を始めたのに続き、7月にはAmazon.co.jpで通販を開始するなど、いよいよ本格展開を始めた。campino audioのモノ作りと製品戦略について、同社の小池暢啓氏と栗林努氏に話を聞いた。

 まずブランド名の“campino”についてだが、「Camp of Innovation」の略で、自由で革新的なオーディオブランドという意味を込めているという。「われわれは高級なオーディオ機器ではなく、主にスマートフォン周りの音を改善していきたいと考えています。手の届く価格で高品質なオーディオ製品を提供することで、20~30代の若い方たち――例えばアップル製品に付属している白いイヤフォン使っている方々に、少しお金を出せば、『こんなに音楽が変わるんだ』と知ってほしいと思っています」

 とはいえ、オーディオ機器の音質には、素材や物量といったコストのかかる要素が大きく関わっていることも事実だ。また、モバイル製品では多少音が良くてもチープでカッコ悪い商品はそもそも手にとってもらえない。有名オーディオメーカー出身者が集まったマイオンはこうした点を熟知しており、1つの方向性を定めた。それは、商品にはコストをかけながら、無駄な部分をバッサリと削ることだった。

●コスパ向上のポイントはメリハリ

 実際の製品を見るとよく分かる。例えばBluetoothスピーカーは周囲をすべて金属グリルで囲み、ネジを表面に一切出していない。底面は陶磁器の器に見られる高台(こうだい)をモチーフにしたデザインで剛性アップと制振効果を狙った。天面の操作部はタッチセンサー式で、つや消しの表面処理と合わせてシンプルながらも高級感のあるデザインを実現している。

 搭載ユニットは、フルレンジとツイーター。左右合わせて4つスピーカーをそれぞれ独立したアンプで駆動することにより、左右の音のセパレーションを向上させる。さらに背面には2つのパッシブラジエーターを設け、コンパクトスピーカーに不足しがちな低域の再生力をアップ。230(幅)×70(奥行き)×69(高さ)mmというサイズながら、80~4万Hz以上という再生周波数特性を実現しており、3.5mmステレオミニジャックのアナログ入力を使えばハイレゾ音源再生も可能だ。

 圧縮を伴うBluetoothでも、音声コーデックとして通常のSBCのほかにaptXやAAC、そしてaptX LLまでをサポート。対応する端末との組み合わせであれば、広帯域かつ低遅延のワイヤレス伝送が可能になっている。「製造は中国ですが、安心、安全に関わる設計は日本で行い、バッテリーセルも日本製。品質は大手メーカーと同様の基準を採用しています」。ポイントを抑えたコストのかけ方だ。

●リモコンはやめて4N OFCを採用した

 一方のイヤフォンも壺をモチーフにしたというハウジングはアルミ削り出し。曲線を多用したデザインは、同時に不要な振動とノイズを抑える役目を果たす。8mm径のダイナミック型ドライバーは、チタンコート振動板にボイスコイルを直結して伝達ロスとノイズを抑えたというもので、5~4万5000Hzのワイドレンジ再生を可能にした。

 面白いのは、「スマートフォン周りに注力していく」という方針にも関わらず、スマートフォン用のリモコンマイクを付けていないことだ。「音質面を考え、リモコンにかけるコストを4N OFCケーブルにかけました」と2人は笑う。

 4N OFCとは、99.99%以上の純度を持つ無酸素銅を使用した導体のことで、さらにケーブル内は最近流行の4芯独立タイプとなっている。プラグは通常のシングルエンドのためバランス接続には非対応だが、左右のグラウンドを根本で一緒にしてしまう従来型に比べると左右のセパレーションに優れる。いずれも製品の価格帯を考えればぜいたくな装備だ。

 中間マージンの発生する店舗販売は基本的に行わない。一方で製品の本質的な部分を左右する部材にはコストをかけ、同時にデザイン性も高いレベルに引き上げる。これがcampino audio流のコストパフォーマンスアップ術だった。

 もう1つ、同社の姿勢の端的に表現しているものがある。それは製品のパッケージ。しゃれたデザインに仕上げているものの、よく見るとどちらの製品も過剰な装飾が一切ない質素な段ボール製であることが分かる。さらにイヤフォンの方は、Amazonの緩衝材付き封筒に収まるサイズにまとめ、発送時のコストも抑えた。過剰包装や開けにくいブリスターパックにイライラしたことのあるユーザーにとってもうれしい配慮かもしれない。

●課題は試聴の場

 製品にコストをかけることで支援者やユーザーから一定の評価を得たcampino audioだが、目下の悩みは消費者が実際の製品を手にする機会がほとんどないことだ。「将来的には店舗販売も検討してはいきたい。しかし、中間マージンを削ってユーザーに還元しているところもあるため、そのポリシーが理解されるかは分からない」。現在、campino audio製品を扱っている店舗は「利益よりも音楽好きの人に楽しんでもらいたい、という考えの楽器店のみ」だという。

 「もともと限界の価格で製品を提示して消費者に判断してもらうビジネスモデルなので価格競争もできません。しかし、“試聴の場”は必要です。イベントへの参加などを含め、これから課題として取り組んでいきます」(同社)

最終更新:8月16日(火)6時10分

ITmedia LifeStyle