ここから本文です

<井上真央>主演アニメ原作者を呼び捨て ちゃめっ気たっぷりに「ひろし」

まんたんウェブ 8月16日(火)20時15分配信

 女優の井上真央さんが16日、東京都内で行われた劇場版3DCGアニメ「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦・榊原幹典監督)の大ヒット記念舞台あいさつに出席。ともにステージに登壇した同アニメの原作者・斉藤洋さんを「ひろし」とちゃめっ気たっぷりに呼び捨てにして、共演の八嶋智人さんを「先生でしょ!?」と慌てさせた。

【写真特集】井上真央がシースルーワンピ 八嶋智人&原作者も

 「ルドルフとイッパイアッテナ」は1987年の刊行以来、シリーズ累計100万部を超える斉藤さんの児童小説が原作。井上さんは主人公の黒猫・ルドルフ、八嶋さんはおしゃべりな金物屋のぶち猫・ブッチーの声を演じている。

 斉藤さんが「この映画は全4巻あるうちの2巻までの話。3、4巻になるとブッチーが成長するの。いい男になっていくんだから。『主人公は本当はブッチーじゃないの?』という人もいるんです」と説明すると、八嶋さんは「なるほど、こりゃ続きあるなあ。3、4巻の映画化しましょうよ!」と自身主演での続編に期待。すると斉藤さんは「そうです! でももっと映画が売れないと無理。このぐらいのヒットじゃだめ。もっともっと! 消防署から文句が出るくらい人が入らないと」と勢いづき、井上さんから「ひろし! もうコラ」といさめられていた。

 また斉藤さんは、今作で声のカメオ出演を果たしたというが、「もっとやりたかった」と不満げで、続編では「今度はもっと長くやりたい」と自身の露出にも意欲。井上さんは続編のタイトルを「ひろしとブッチー」とジョークでつけ、「ひろしとブッチーの友情物語。今日は大ヒット記念舞台あいさつですが、ひろしも『まだ、こんなもんじゃない』とおっしゃっていますので、ぜひみなさんに(映画の魅力を)広めていただけたら。『ひろしとブッチー』に、私も“ガヤ”でもいいんで、お願いします!」とアピールしていた。

 「ルドルフとイッパイアッテナ」は、ひょんなことから飼い主の元を離れ、思いがけず東京にやって来てしまった黒猫・ルドルフが、街を牛耳るボス猫・イッパイアッテナと出会い、ノラ猫として共に生き、成長する姿を描いた友情と冒険の物語。イッパイアッテナの声は鈴木亮平さんが演じている。

最終更新:8月16日(火)20時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。