ここから本文です

アイドルグループ「℃―ute」が女子レスリングにエール「金メダル触りたい」

東スポWeb 8月16日(火)10時0分配信

 リオ五輪で女性選手初の偉業「五輪4連覇」を狙うレスリング女子53キロ級・吉田沙保里(33=フリー)、58キロ級・伊調馨(32=ALSOK)ら日本代表の活躍を願って、親交の深いアイドルグループ「℃―ute」のリーダー・矢島舞美(24)と中島早貴(22)が本紙を通じて力強いエールを送った。日本レスリング協会公認応援歌「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」を歌う℃―ute。2人は「目指せ金メダル! 日本から応援しています!」と力を込めて語った。

 ℃―uteは7月末に都内で行われた「レスリング競技日本代表選手団壮行会」に特別ゲストとして登場。歌でエールを送り、終了後は吉田ら選手との食事会で直接、応援の気持ちを伝えた。

「テレビでリオ五輪を見て日本代表選手の活躍に私たちもパワーをもらうし、レスリング選手団を応援させていただいているので、いつも以上に気持ちが入ります」(矢島)、「世界と戦う人はコメントがかっこいい。自分を持っている。私も頑張らなきゃと逆にパワーをもらいました」(中島)と思いを明かした。

 この壮行会で、中島は「登場したら選手たちが日の丸の国旗を振って一緒に歌ってくれた。歌に気持ちが入りましたね」と一体感を味わった。楽屋では女子選手たちが「私たちも℃―uteだからね!」と一緒に写真を撮って盛り上がったそうだ。

 吉田と伊調は五輪4連覇に挑戦。その吉田と℃―uteの絆は強い。「私のファンの方が吉田さんのイベントに行った時に、吉田さんに『どうやって元気を出してるんですか?』と聞いたそうなんです。そしたら吉田さんが『℃―uteの曲聴いてるよ~』って。それがすごくうれしくて。応援に力が入ります」と中島は明かす。

 それだけでない。「私たちが名古屋で握手会をやった時、吉田さんがお忍びで来てくださって。ちゃんと握手会の列に『CD買ったよ~!』って。本当にびっくりしちゃって! ファンの方も『ワー!』『キャー!』と騒ぎになってました」と矢島。中島は「プライベートは本当におちゃめなんですよ。試合の時には、本当に目からビームが出てるぐらいなんですけど」と笑った。

 食事会で吉田はメンバーに「私は重たくて大きいのが大好きだから絶対に金メダルを取ってくる!」と誓ったそうだ。

 2人の他にも48キロ級・登坂絵莉(22=東新住建)、63キロ級・川井梨紗子(21=至学館大)、69キロ級・土性沙羅(21=同)、75キロ級・渡利璃穏(24=アイシンAW)もメダルを狙える。

「選手たちは強いからこそ人間として優しいんだなと思う。人間として尊敬する部分も大きい」(矢島)。一方でプライベートでのギャップも魅力だという。

「私たちと会うと照れるそうで、すごい恥ずかしそうにされるのがかわいい。この前も土性さんとか、すっごい照れてました。マットの上ではかっこいいのに、そういう部分を見るとホッと安心する」と矢島は明かす。中島は「登坂さんはリーダー(矢島)に会うと緊張するみたいで、食事会の時も一番離れて座ってたそうなんです。すっごいかわいいですよね~! だから絶対に頑張ってほしいと思います!」と笑顔を見せた。

 最後は「以前、吉田さんに金メダルを触らせていただいた。今度も触らせてもらいたい! 日本から選手たちの活躍を願ってます! 金メダルの嵐を起こすんだ! ファイト!」と2人は熱いエールを送った。

☆℃―ute(キュート)=矢島舞美、中島早貴、鈴木愛理(22)、岡井千聖(22)、萩原舞(20)の5人組グループ。アイドル界最高レベルのルックスとステージパフォーマンスで「アイドルが一番憧れるアイドルグループ」と評される。9月5日には「℃―ute12年目突入記念~℃―Fes! Part1 9月5日も℃―uteの日 at日本武道館~」、9月10日は「℃―ute12年目突入記念~℃―Fes! Part2 9月10日は飛天で℃―uteの日~」を開催する。

最終更新:8月16日(火)11時50分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。