ここから本文です

Maydayニューアルバム日本盤にポルノグラフィティが日本語詞提供

音楽ナタリー 8月16日(火)11時2分配信

今秋リリースされるMaydayのニューアルバム「自伝 HISTORY OF TOMORROW」の日本盤に、ポルノグラフィティの岡野昭仁(Vo)と新藤晴一(G)が日本語詞を提供していることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アルバム収録曲のうち、岡野は「後來的我們(Here, After, Us)」、新藤は「派對動物(Party Animal)」の日本語詞を担当。さらに岡野は「後來的我們(Here, After, Us)」にゲストボーカルとしても参加している。

今回のコラボについて岡野は「国は違えど、アーティストとしての想いや、音楽を通じて伝えたいことというのは共通する想いがあると思います。そういった想いをここで表現できたら、と思っております」と語り、新藤は「Maydayは台湾だけでなく、アジア全域で活躍されていて、その歌詞が人気のひとつと聞いているので、今回作詞を担当させてもらうのはとても光栄です」と述べている。

なお「自伝 HISTORY OF TOMORROW」のリリース日は追って発表される。

岡野昭仁 コメント
僕自身としても他のアーティストの作詞を担当することは、初めてで、しかもアジアを代表するアーティストということもあり、とても責任を感じております。

しかし、国は違えど、アーティストとしての想いや、音楽を通じて伝えたいことというのは共通する想いがあると思います。そういった想いをここで表現できたら、と思っております。

新藤晴一 コメント
Maydayは台湾だけでなく、アジア全域で活躍されていて、その歌詞が人気のひとつと聞いているので、今回作詞を担当させてもらうのはとても光栄です。

最終更新:8月16日(火)11時2分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。