ここから本文です

FOSTEXから8cmコーン形フルレンジユニットと対応バスレフ型スピーカーボックスが新発売

CDジャーナル 8月16日(火)19時24分配信

 FOSTEXが、10cmユニット「FE103-Sol」で培った技術を応用した8cmコーン形フルレンジユニット「FE83-Sol」と、そのユニットに対応したバスレフ型スピーカーボックス「YK83-Sol」をそれぞれ9月中旬から下旬にかけて限定発売。

 「FE83-Sol」のコーン紙は、「FE83En」のコーン紙をベースに繊維が細くしなやかで密度の高いESコーンを2層で抄紙した2層抄紙ESコーン。軽量ながら高い剛性を持つユニットで、明るく張りのある中域の音色に、立ち上がりの速い高音、厚みある低音再生が特長です。磁気回路には65mm口径のフェライトマグネットを採用して十分な磁束密度を確保。磁気回路内には、ポールピース部とマグネット内周部に銅キャップを配置することで電流歪を低減、駆動系の徹底した低歪み化により中高域の明瞭感を向上させています。センターキャップはボイスコイルボビン直結とし、20kHz以上の帯域拡張と伸びのある高域再生を実現。さらにボイスコイルボビン材にはガラス繊維とフェノール樹脂で構成されたシートを採用し、耐入力も向上しています。

 「FE83-Sol」に対応したバスレフ型スピーカーボックス「YK83-Sol」は、キャビネット材にユーカリの突き板を採用、適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生を実現。入力端子にはバナナプラグ対応の金メッキターミナルを採用。付属ネジでスピーカーユニットを取り付けるだけの簡単な組み立てで「FE83-Sol」の音質を楽しむことができます。

最終更新:8月16日(火)19時24分

CDジャーナル