ここから本文です

北朝鮮が2個目の金獲得 男子跳馬のリ・セグァン

聯合ニュース 8/16(火) 10:24配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第11日の15日、体操男子の種目別跳馬の決勝が行われ、北朝鮮のリ・セグァンが優勝し、今大会北朝鮮勢2個目となる金メダルを獲得した。

 種目別跳馬は2回の演技の平均点で争われる。リは2回とも難度の高い技で挑み、15.691点を出した。1回目は片足が動いたものの安定的な着地を見せ、2回目は自身の名がついた技を決めた。

 リは2014年、15年の世界選手権で跳馬2連覇を達成。今大会は、ロンドン五輪の同種目で金メダルを獲得した韓国の梁鶴善(ヤン・ハクソン)がアキレス腱負傷のため不参加の中、世界の頂点に立った。

 北朝鮮が五輪の体操男子で金メダルを獲得したのは1992年バルセロナ五輪以来、2度目となる。

最終更新:8/16(火) 10:48

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。