ここから本文です

福原愛、絶対に銅だ!“不運”判定で散り「悔しさをすべてぶつける」

デイリースポーツ 8月16日(火)6時4分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・準決勝、日本2-3ドイツ」(14日、リオ中央体育館)

 団体が行われ、女子で2012年ロンドン五輪銀メダルを獲得した世界ランキング2位の日本は準決勝で同9位のドイツに2-3で競り負け、3位決定戦に回った。シングルスの石川佳純(23)=全農=は2連勝したが、福原愛(27)=ANA=と伊藤美誠(15)=スターツ=はダブルスも含めて1勝も挙げられず、目標としていた2大会連続の決勝進出はならなかった。準決勝残り1試合の中国-シンガポールの敗者と16日に対戦する。

 3時間56分にわたる大激戦を演じた福原に、まさかの結末が待ち受けていた。第5試合の最終第5ゲーム。9-10でマッチポイントを取られても福原は攻め続けた。魂の強打に相手のハンは体勢を崩されたが、返球は弧を描きながらも卓球台の端に当たる不運なエッジボール。石川らの「台のサイドに当たった無効打ではないか」との抗議も審判は聞き入れない。福原はこの現実を受け入れまいとするように、相手チームが引き揚げても、前にある卓球台を見詰めながらひとり立ち尽くしていた。

 「最後の判定まで絶対に諦めたくなかったので、相手選手とも握手をしなかった。握手をしてしまったら、もうそこで負けを認めたことと同じになるので。最後の最後まで、ずっと(判定が覆るのを)待っていました」

 ロンドン五輪決勝で中国に敗れてからの4年間。中国を倒しての金メダルを合言葉に努力を重ねてきた。しかし、リベンジを誓って臨んだリオでは決勝に進むことができず、悔しさだけが募った。

 15歳のホープ、伊藤は精彩を欠いた。第5ゲームまでもつれたシングルスの第1試合。9-3の大量リードから7連続失点を喫し、10-12で敗れてから流れが一気に変わってしまった。福原と組んだダブルスの第3試合でもミスを連発。試合後は「1番(第1試合)の試合でチームの勝敗が決まってしまった。思い切りよくプレーできず、いい流れを持ってこられなかった」と大粒の涙を流した。

 決勝で中国を倒す夢はかなわなかった。それでもまだ3人の五輪は終わっていない。2勝を挙げ、孤軍奮闘したエースの石川は「団体でメダルを持って帰るのは私たちの大きな目標。自分らしいプレーをすれば必ず結果はついてくる」とチームメートを奮い立たせ、福原も「負けの原因は、すべてわたしにある。次はきょうの悔しさをすべてぶつけたい」と言葉に力を込めた。手ぶらでは日本に帰るわけにはいかない。今度こそ絶対に負けられない戦いが待っている。

最終更新:8月16日(火)7時15分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]