ここから本文です

韓国バド男子複2ペアとも敗退 リオ第11日

聯合ニュース 8月16日(火)10時45分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第11日の15日、韓国代表はバドミントン男子ダブルス準々決勝で世界ランキング1位の李龍大(イ・ヨンデ)、柳延星(ユ・ヨンソン)組が敗退した。

 李、柳組はマレーシアのゴー・Vシェム、タン・ウィーキョン組と対戦し、1―2で逆転負けした。世界ランキング3位の韓国の金サラン、金ギジョン組も中国の傅海峰、張楠組に1―2と逆転され準決勝に進めなかった。

 女子ダブルスでは鄭景銀(チョン・ギョンウン)、申昇チャン(シン・スンチャン)組が準々決勝でオランダのエーフィア・ムスケン、セレナ・ピーク組を2―1で破った。準決勝で日本の高橋礼華、松友美佐紀組と対戦する。

 16日午前10時(日本時間)現在、韓国のメダル獲得数は金6、銀3、銅5で、国・地域別10位。

 一方、北朝鮮は体操男子種目別の跳馬でリ・セグァンが金メダルを獲得した。今大会、北朝鮮2個目の金となった。

最終更新:8月16日(火)10時48分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。