ここから本文です

【全米映画ランキング】「スーサイド・スクワッド」V2。R指定アニメ「Sausage Party」が2位

映画.com 8月16日(火)19時30分配信

 [映画.com ニュース]サマーシーズン終盤に入った8月第2週の全米ボックスオフィス。先週末は3本の新作がランクインしたが、前週大ヒットスタートを切ったWB/DCの大作「スーサイド・スクワッド」が約4350万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。

【全米映画ランキング】1~10位まではこちら

 同作の10日間の累計興収は約2億2200万ドルとなり、3億ドル超えも見えてきた。約3400万ドルのオープニング興収で2位デビューとなったのは、スーパーマーケットにある食材を擬人化して描いたR指定CGアニメ「Sausage Party」。調理されて食べられる運命を知ったソーセージやパン、チーズたちが生き延びるためキッチンからの逃走を試みるが……。レビュー、興行ともに上々で、1億ドル超えも見込める好スタートとなった。製作・脚本は日本未公開のコメディ「The Interview」と「ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日」のセス・ローゲンとエバン・ゴールドバーグ。声の出演はローゲン、ジェームズ・フランコ、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒル、ビル・ヘダー、マイケル・セラ、ダニー・マクブライド、ポール・ラッド、エドワード・ノートン、サルマ・ハエックなど。

 約2150万ドルのOP興収で3位スタートとなったのは、1977年公開のミュージカル・アドベンチャー「ピートとドラゴン」を3Dリメイクしたディズニー映画「Pete's Dragon」。孤児のピートと心優しいドラゴン・エリオットの友情と冒険を描いた同作は多くの批評家から高い評価を得たが、今春公開され1億ドル超のOP興収を記録したディズニーの同系統作「ジャングル・ブック」ほどの爆発的なデビューにはならなかった。出演は主人公の少年ピートにオークス・フェグリーのほか、ブライス・ダラス・ハワード、ロバート・レッドフォード、ウェス・ベントリー、カール・アーバン。メガホンをとったのはルーニー・マーラ主演「セインツ 約束の果て」で知られるデビッド・ロウリー。

 そして、1500館程度の中規模公開で8位デビューとなったのは、「マイ・ビューティフル・ランドレット」「クィーン」などで知られるイギリスの名匠スティーブン・フリアーズ監督と大女優メリル・ストリープがコンビを組んだ伝記映画「Florence Foster Jenkins」。音痴にもかかわらず型破りな歌い方で人気を博したアメリカのソプラノ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンス(ストリープ)の人生がユーモラスに描かれる。共演はヒュー・グラントに「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン。

 今週は、巨匠ウィリアム・ワイラーによる1959年の同名歴史超大作を、「ナイト・ウォッチ」「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督が57年ぶりにリメイクした「ベン・ハー」に、「ハングオーバー」3部作の監督トッド・フィリップスが、ジョナ・ヒル、マイルス・テラーと組んだ戦争コメディ「War Dogs」などが公開となる。

最終更新:8月16日(火)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。