ここから本文です

陸上選手ボルトが“浮気”? 「C・ロナウドのいるレアルが好き」

ISM 8月16日(火)17時6分配信

 “人類最速男”として知られるジャマイカの陸上選手ウサイン・ボルトが、レアル・マドリー(スペイン)のファンだと述べた。スペイン『AS』紙(電子版)が現地時間15日(以下現地時間)に伝えている。

 ボルトは現在開催中のリオ五輪で、14日の男子100m決勝で金メダルを獲得したのち、スペインラジオ『La Cope』に対し、スペインのお気に入りサッカーチームについて「もちろんレアル・マドリーだよ」とコメント。「クリスティアーノ・ロナウドがいるからね。彼が世界最高の選手だ」と語った。

 レアルの本拠地「サンティアゴ・ベルナベウ」にも一度訪れたことがあるボルトだが、一般的にはマンチェスターU(イングランド)の大ファンとして知られている。これまでホーム「オールド・トラフォード」には何度も足を運んでおり、「ずっとマンチェスターUを応援している」と述べていた。今年5月には、マンUで「ぜひともプレーしたい」と述べつつも、ルイス・ファン・ハール監督(当時)に指導されるのは気乗りしないと語っていた。

最終更新:8月16日(火)17時7分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。