ここから本文です

ウルトラマン・科特隊の通信機が現実に! Bluetooth対応“流星バッジ”いよいよ発売へ

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/16(火) 20:37配信

「胸~に つけ~てる マークは流星~♪」という歌でおなじみ。またひとつ夢が現実になります。

【詳細】他の写真はこちら

この夏は「ウルトラマン」シリーズの放送が始まってから50年。これを記念する気合の入った商品が相次いでリリースされているのをご存知でしょうか。先日発表された『科学特捜隊 流星バッジ』もそのひとつで、「ウルトラマン」(1966年)で活躍した科学特捜隊(略して科特隊)の通信機を現代の技術で商品化したもの。

科学特捜隊 流星バッジ ~Bluetooth搭載送受信機~【送料無料】(プレミアムバンダイ)

こちらは単なる飾りとしてのバッジではなく、マイク・スピーカー搭載、Bluetooth無線通信によるハンズフリー通話が可能……という非常に夢のある一品です。

価格は2万円+税で、ウルトラマンオフィシャルショップ[ウルトラマンワールドM78]のほか、通販サイトのプレミアムバンダイ、円谷プロ公式オンラインショップ[怪獣デパート]でのみ発売される限定商品。予約は2016年8月26日(金)11:00よりスタート、翌2017年2月下旬ごろの発送の予定になっています。

アンテナの伸縮でON/OFFできる操作感がたまらない!
本製品はいわゆるBluetoothのワイヤレスヘッドセットのしくみを採用した、スマホとペアリングして使う通信機器。各通販サイトでは使い方をわかりやすく説明した動画も掲載されているので、抜粋してご紹介します。

ペアリング済みのスマホで着信があると『流星バッジ』が受信。

着信を受けたときには、バッジ側の音とLEDでお知らせします。このとき鳴るのが劇中通りのピロロー、ピロローという音だというのが非常にグッときますね。

着信時の通話オン・オフは、『流星バッジ』のロッドアンテナを伸縮することで行ないます。そして通話はバッジ内蔵のマイクとスピーカーを使用! 劇中通りです。「ハヤタより本部へ!ハヤタより本部へ! 本部応答願います!」……やってみたい……。

さらに本体上部にはヘッドホン端子が付いており、ここにイヤホンなどを接続すれば音楽を聴くワイヤレスヘッドセットとしても使用可能。バッジの裏側にあたる部分が大きいぶん野暮ったくなってしまう印象は拭えませんが、こうして機能的に意味を持たせたことでバランスがとれています。

なお、バッテリーはmicroUSBコネクタ充電式のリチウムポリマー充電池を採用。連続動作時間は最大4時間程度、連続待受時間は最大200時間です。製品各部のボタンや役割は以下のような感じ。

 

「ベーターカプセル」は即完売。今回ははたして……?
ちなみに、去る7月には同様の大人向けなりきりグッズとして「ウルトラマン」変身アイテムの「ベーターカプセル」、「ウルトラマンティガ」変身アイテムの「スパークレンス」が各3000個限定でバンダイから発売。こちらは受注開始から数時間で即完売という超人気でした。

 
※いずれも現在は予約受付終了

『科学特捜隊 流星バッジ』は2万円と決して安くはない商品ですが、Webサイトには“準備数には限りがある”との記載も。気になる方はぜひ早めの予約をおすすめします!

文/柳 雄大(編集部)

(c) 円谷プロ

関連サイト
科学特捜隊 流星バッジ (プレミアムバンダイ)
科学特捜隊 流星バッジ (円谷プロ公式オンラインショップ[怪獣デパート])
ウルトラマンワールドM78|東京ソラマチ

【受注終了】初代ウルトラマン変身アイテム ウルトラレプリカ ベーターカプセル(ULTRA REPLICA)
【受注終了】ウルトラマンティガ変身アイテム ウルトラレプリカ スパークレンス(ULTRA REPLICA)

最終更新:8/16(火) 20:37

M-ON!Press(エムオンプレス)