ここから本文です

橋本環奈、マーライオンみたいに吐いた!? 衝撃告白に反響

シネマトゥデイ 8月16日(火)12時6分配信

 “天使すぎるアイドル”こと橋本環奈が13日、マーライオンのように“嘔吐”したことをTwitterで明かし、話題になっている。

【写真】すっぴんも天使すぎます…

 来年公開予定の実写版『銀魂』で神楽を演じることが先日、発表された橋本。神楽といえば、劇中で嘔吐するシーンが登場し、“ゲロイン”とも呼ばれている一風変わったヒロイン。キャスト発表時には、「1,000人に一人の逸材」ともいわれる美少女である橋本が同キャラを演じることにファンから心配の声も上がっていた。

 映画の撮影は先月から始まっており、橋本はこの日、Twitterで「さっき神楽のゲ○吐くシーンがあったんだけど、監督と新八からマーライオンみたいに!とアドバイスを頂きました」とメガホンを取る福田雄一監督(「勇者ヨシヒコ」シリーズ)や、新八役の菅田将暉から助言を受けながら同シーンに挑戦したことを報告。「イイ感じでマーライオンっぽかったって言ってもらえましたw」と明かした。

 16日11時半の時点でリツイート数は2万件を超え、ファンからは「環奈ちゃんお疲れ様、頑張って笑」「そのゲロ僕にください」「ゲロ役で出演希望します」とさまざまな反応が寄せられている。(編集部・中山雄一朗)

最終更新:8月16日(火)12時6分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。