ここから本文です

落下する星から人々を守る“天幕様”描く、ミナヅキアキラのファンタジー1巻

コミックナタリー 8月16日(火)12時19分配信

ミナヅキアキラ「流星傘下」の1巻が、明日8月17日に発売される。

「流星傘下」は少年マガジンエッジ(講談社)にて連載中。星が落下し、人々の暮らしを脅かす世界の中で、特殊な能力で星から街を守るドラセナは「天幕様」と呼ばれ親しまれていた。見た目は若いが400年生きているドラセナは、ある日自分と同じ「天幕」の特徴を持つ存在と初めて出会い……。

刊行を記念し、アニメイト、ゲーマーズ、こみらの!提携書店、WonderGOOでは購入者にイラスト付きの特典をプレゼント。特典の配布状況の詳細は店舗ごとに確認を。

最終更新:8月16日(火)12時19分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。