ここから本文です

水谷隼2戦2勝の活躍「優勝しか見てない」卓球男子が銀メダル以上確定

デイリースポーツ 8月16日(火)6時4分配信

 「リオ五輪・卓球男子団体・準決勝」(15日、リオ中央体育館)

 日本は、ロンドン五輪銅メダルのドイツに3-1で逆転勝ちして、決勝に進出。銀メダル以上を確定させ、男子団体初のメダルをもたらした。17日(日本時間18日)に行われる決勝では中国-韓国の勝者と金メダルをかけて対決する。

【写真】また出た!倒れこみガッツポーズ!水谷 大車輪の活躍でメダル確定

 第4試合で、シングルス銅メダリストのエース水谷隼(ビーコン・ラボ)が、バスティアン・シュテーガーを圧倒し、ストレート勝ち。メダル獲得が決まった瞬間、水谷は床に大の字にとなり絶叫。丹羽孝希(明大)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)と抱き合って喜びを分かち合った。

 日本は第1試合のシングルスで吉村が0-3で完敗。第2試合で、水谷が左利きのベテラン、ティモ・ポルと対戦し、沈む球の対処に苦労しながらもストレートで押し切って1勝1敗とした。

 第3試合は丹羽、吉村組が第2ゲームは失ったものの、常に主導権を握り貴重な2勝目を挙げた。

 今大会2つ目のメダル獲得が決まった水谷は「2番(第2試合)の相手には過去1勝14敗ぐらいだったが、この舞台では自信があって絶対勝てると。大舞台で勝ててよかった。(決勝では)優勝しか見てないです。メダルを取れてホッとはしてますけど。あと1試合、最高のプレーをしたい」と力強く話した。

最終更新:8月16日(火)6時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]