ここから本文です

とと姉ちゃん、紅白司会イケる 欽ちゃん太鼓判「すごい人。120点」

デイリースポーツ 8月16日(火)7時0分配信

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」にヒロイン役で出演中の女優・高畑充希(24)が、このほど、夏の紅白歌合戦と称されるNHK「第48回思い出のメロディー」(27日、後7・30)で初司会を務めた。

 約2時間半の番組の収録を無事に終えた高畑は「ど緊張で。何も考える余裕がないまま進んでいった」と振り返ったが、総合司会のタレント・萩本欽一(75)のアドリブにも動じない強心臓ぶりを発揮。萩本から「すごい人。僕的には120点。見た人も100点をくれると思う」と絶賛された。

 過去には、女優・仲間由紀恵(36)、松下奈緒(31)らが「思い出の-」の司会を経て、“本家”紅白でも大役を務めている。萩本は、高畑の大みそか“登板”にも「全然!(大丈夫)。できれば、アドリブを飛ばす人を(共演者に)置いたらいいでしょう」と太鼓判。高畑本人は「とと-」のセリフ「どうしたもんじゃろのぉ~」とばかりに、「(紅白司会は)想像してない」。それでも、「オファーが来たら…。それは…」と前向きな笑顔を見せ、「アドリブを飛ばす人なら、年末までどうしよう?となっちゃう」と早くも心配していた。

最終更新:8月16日(火)8時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。