ここから本文です

手塚治虫の映画エッセイ集発売、瀬尾光世やディズニーの作品を語る

映画ナタリー 8月16日(火)12時40分配信

手塚治虫が映画についてつづったエッセイを収めた「手塚治虫映画エッセイ集成」が、8月19日に発売される。

本書は、キネマ旬報で連載されていたエッセイをまとめた書籍「観たり撮ったり映したり」を改題し、文庫化したもの。大の映画好きとして知られる手塚が、瀬尾光世やウォルト・ディズニーら影響を受けたアニメーション界の巨匠、オーソン・ウェルズやジョージ・ルーカスといったハリウッドの監督、ジャック・タチやジャン=ジャック・アノーらヨーロッパの映画人などの作品や、「おんぼろフィルム」「森の伝説」など自身が手がけたアニメーションについて語っている。

単行本には未収録だったエッセイ12編を初収録した「手塚治虫映画エッセイ集成」。加えて誌面には、雑誌に掲載された手塚による挿絵57点も収められている。

手塚治虫映画エッセイ集成
リットーミュージック 2016年8月19日(金)発売価格:972円

最終更新:8月16日(火)12時40分

映画ナタリー