ここから本文です

先発復帰・菅野に巨人ナインが“同伴”願い

東スポWeb 8月16日(火)17時5分配信

 左足親指の負傷で出場選手登録を抹消された巨人・菅野智之投手(26)が、最短の10日で16日の中日戦(ナゴヤ)で復帰する。ケガも大事には至らなかった模様で、今後も大黒柱としてフル稼働していく。チームにとって心強い限りだが、内部からは大逆転Vに向けてエースにマウンド外での“お願い”も出ている。

 最下位・中日との3連戦を前にチームは連敗を3で止め、15日に敵地へと入った。初戦の先発は菅野。5日の広島戦(マツダ)で左足に異変が生じて4回で降板したが、快方に向かい、出発前にはジャイアンツ球場でキャッチボールやダッシュなどで最終調整した。

 ケガの原因は足の親指にできたマメとも伝えられたが、本人は「マメではないです。マメでマウンドは降りない」と強調し「(不安は)ゼロではないが、休んでいられる状況ではない。痛くてチームに迷惑をかけるなら『投げる』とは言わない。働けると判断した中での次の登板。どんな結果でも言い訳にならない」と決意をにじませた。

 チームは残り37試合で首位・広島とは6・5ゲーム差。それでも直接対決は7試合あり、望みは捨てていない。しかも菅野の最短復帰によって今カードで先発予定の内海、田口の好調な両左腕とともに、翌週の広島3連戦(23~25日=東京ドーム)にぶつけることが可能となった。菅野も残りのシーズンを見据えながら「(広島を)意識しない人はいないと思う。8月後半、9月はどんどん間隔も詰まってくると思う」と覚悟を示した。

 どんでん返しに欠かせないエース右腕には、こんな“お願い”も出ている。

「やっぱり智之には、いつもチームの輪の中に入っていてほしい。登板のない遠征の時とかも、一緒にベンチから声を出してくれるだけでもチームは全然変わってくる。野球はチームプレーでもあるし、小さなことかもしれないが、チームの力になるはず」(チームスタッフ)

 今年の菅野は投手陣でここまで唯一、シーズンを通じて残留練習が認められている。移動による疲労を減らすことや充実した設備で練習することなどが目的で、遠征への同行を免除されていた。個別調整がOKなほど首脳陣の信頼は厚いのだが、一方では遠征時に菅野が不在のケースも生まれた。いよいよ正念場となる今後はエースも加えて、いっそうチームの総力を結集したいという。

 防御率1・77でリーグトップを走る菅野。マウンド以外でも多くを求められるのもエースの宿命か…。「自分の結果は二の次。チームが勝てればいい」。いずれによ、菅野の活躍がチームの命運を握っている。

最終更新:8月16日(火)17時5分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。