ここから本文です

貧打に危機感ナシの中日野手陣に不満の声

東スポWeb 8月16日(火)17時5分配信

 15日現在、球団ワーストの10カード連続負け越し中で、借金19の最下位にあえぐ中日の貧打ぶりが深刻だ。8月に入ってから11試合で1試合の平均得点はわずか2点。チーム内には「打てない野手陣がだらしなさすぎる。投手陣が打たれて負けた試合もあるけど援護が平均で2点しかないのはあまりにかわいそう」との声が飛び交っている。

 15日は一軍に合流した新外国人左腕のセプティモや吉見、バルデス、小熊ら投手陣が16日からの巨人3連戦(ナゴヤドーム)に備えてドームに隣接する駐車場で炎天下、ダッシュやキャッチボールなどで汗を流したが、野手陣は大阪からの移動休み。休日返上でナゴヤ球場で練習をしたのは育成から支配下登録されたばかりの近藤だけだったことに「これだけ打てていないのに野手陣はのんきなものだよ。体を動かそうと思えば練習できるのにね。投手陣に悪いと思うなら、それくらいやらないと」(チーム関係者)との厳しい声も出ているほどだ。

 開幕から不動の4番を務めてきたビシエドが左足首を痛めて登録を抹消され、打線はさらに弱体化しており「もっと野手陣は危機感を持ってやらないと投手陣との間に亀裂ができかねない」とも。谷繁監督が9日に事実上の解任となり、ただでさえ重苦しいムードの中日。5位・ヤクルトにも4ゲーム差。このままでは…。

最終更新:8月16日(火)17時5分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]