ここから本文です

上山道郎のアワーズGH新連載は、妖魔を退治する少女のアクション

コミックナタリー 8月16日(火)13時23分配信

本日8月16日に発売されたアワーズGH10月号(少年画報社)にて、上山道郎の新連載「オニヒメ」がスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「オニヒメ」は「剣豪ディスク」と呼ばれる古の法具を使って、人の世に潜む妖魔を退治する少女を描く退魔アクション。捕り逃がした妖魔を追って、個性的な生徒が揃う高校・小津野学園に潜入した神代優が、周囲から姫と呼ばれる美少女と出会ったことから物語は動き出す。なお上山の前作「ツマヌダ格闘街」最終20巻も同じく本日刊行されている。

このほか今号ではゆうきゆう原作によるソウ「カウンセリングを学ぶ話を聞かない13人」が新連載として始動。9月16日発売のアワーズGH11月号では、亜桜まるの新連載「制服少女未征服」が開幕する。

最終更新:8月16日(火)13時23分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。