ここから本文です

陸上なのにヘッドスライディングでゴール!110mハードルのデ・オリベイラ

デイリースポーツ 8月16日(火)9時30分配信

 「リオ五輪・陸上男子110m予選」(15日、五輪スタジアム)

 陸上競技では珍しいヘッドスライディングでゴールする選手が現れた。

 予選3組のジョアン・ビトール・デ・オリベイラ(ブラジル)は順位で準決勝に進める4位争いをしながらゴール付近にさしかかると、懸命にダイブ。直前に降った雨でぬれた地面を滑りながらラインを通過していった。

 飛んだかいがあったのか、13秒63で4着に入り、準決勝に進出した。

 野球ではスライディングは塁上に止まったり、タッチをよけたりするために行われるため、単純なスピードならば駆け抜けた方が速いとされている。

最終更新:8月16日(火)9時34分

デイリースポーツ