ここから本文です

【先出し週刊ファミ通】『世界樹の迷宮V』“特別寄稿”の最終回は三輪士郎さんが登場! 前号の表紙イラストをあしらった読者プレゼントも!(2016年8月18日発売号)

ファミ通.com 8月16日(火)18時3分配信

●ボウケンシャーの皆様、最終回も要注目です!
 2016年8月4日に発売された、アトラスの人気RPGシリーズ最新作『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』。週刊ファミ通2016年9月1日号(2016年8月18日発売)では、本作の第四階層クリアーまでの攻略情報と、毎回“特別寄稿”やインタビューなどをお届けしてきた連載コーナー“SQ TIMES”の最終回をお届け。特別寄稿のラストは、『セブンスドラゴン』シリーズのキャラクターデザイン(『2020』以降)などで知られるマンガ家・三輪士郎さんが登場! さらに、本作のアートディレクター・笹津啓志氏からお寄せいただいた“開発ブログ出張版”のイラストコラムや、前号の表紙イラスト(本作のキャラクターデザイナー・日向悠二氏による描き下ろし)をあしらった読者プレゼントの情報もアリ。どうぞお見逃しなく!

 
 詳細は、週刊ファミ通2016年9月1日号(2016年8月18日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK WALKER
■『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』ファミ通DXパックのご購入はこちら
※アトラスDショップ

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

最終更新:8月16日(火)18時3分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。