ここから本文です

山陽新幹線の博多車両基地、一般公開 10月16日

レスポンス 8月16日(火)16時0分配信

JR西日本は10月16日、山陽新幹線の博多総合車両所(福岡県春日市・那珂川町)で「新幹線ふれあいデー」と題した恒例の一般公開イベントを開催する。開催時間は10時から16時まで。

[関連写真]

発表によると、現在予定されている主な企画は、新幹線電気軌道総合試験車「ドクターイエロー」の車内見学や、新幹線の運転台見学、新幹線の安全を支える技術の紹介、キャラクターショー、新幹線との綱引き大会など。このうち「ドクターイエロー」の車内見学と新幹線の運転台見学は事前の申込みが必要だ。詳細は9月上旬に案内する。

博多総合車両所は山陽新幹線の車両基地。山陽新幹線の終点・博多駅と回送線でつながっている。回送線は1990年4月に博多南線として旅客営業を開始しており、車両所の近くに博多南駅が設置された。

博多総合車両所の一般公開イベントは毎年10月に行われているが、2015年は車両カバーの脱落事故の影響で中止された。今年は3月に行われており、10月の開催で二度目となる。JR西日本は山陽・九州新幹線の相互直通5周年となることから「さまざまな企画を検討しているところです」としている。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8月16日(火)16時0分

レスポンス