ここから本文です

卓球・水谷、公約通りの五輪で「神ラリー」 独シュテーガーと24本

デイリースポーツ 8月16日(火)10時17分配信

 「リオ五輪・卓球男子団体・準決勝、日本3-1ドイツ」(15日、リオ中央体育館)

 日本の水谷隼が決勝進出を決めたポイントを奪った際に展開した、シュテーガーとの壮絶ラリーがネット上でも話題になっている。

 最後のラリーは水谷のサーブから始まり、水谷の強打をきっかけに次第に距離を置いての攻防に。打ち込む水谷、拾うシュテーガーという構図で続き、24本目でシュテーガーの返球がアウトになり日本の勝利が決まった。

 テレビ番組などでは“神ラリー”と名付けられて紹介されたが、実は水谷自身も7月14日にツイッターで「本当の神ラリーをオリンピックで魅せたいね」とつづっていた。シングルスでも準決勝で馬龍(中国)との凄絶なラリーを繰り広げ、観客を魅了した。初のメダル確定の快挙だけではなく、試合内容でも有言実行を果たした。

最終更新:8月16日(火)12時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。