ここから本文です

女優ナム・ギュリ、「覆面歌王」の出演オファーを3度も断っていた

WoW!Korea 8月16日(火)14時45分配信

韓国女優ナム・ギュリ(31)が「覆面歌王」の出演オファーを3度も断っていた理由を明かした。

ナム・ギュリのプロフィールと写真

 ナム・ギュリは16日午前、ソウル市内のカフェで韓国メディアのインタビューに応じ、歌手活動をする考えはないか、との質問に「状況や時期が合わないと…」と慎重に答えた。続けて「実は、MBC『覆面歌王』の出演オファーを3度ほど受けたが、すべて中国作品やドラマをしていたため断った。だから出演できなかった」と告白した。

 また、ナム・ギュリは「出演に関してはまだ分からない。周囲に私が出演したらどうかと、問うたことがある。すると、私が仮面をかぶって歌っても私であることが分かると言われた。私には独特なポイントがあるらしい」と説明し、「いまはただ、気が合う友人たちと音楽制作をしてみたいと思っている」と明らかにした。

 一方、ナム・ギュリは来る21日に終了するSBS週末ドラマ「そう、そういうことさ」でナヨン役を担い、チャン・ヘインと現実的なラブストーリーを描きながら視聴者に好評を得た。

最終更新:8月16日(火)14時45分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。