ここから本文です

Oculus Riftサポート版「Minecraft: Windows 10 Edition Beta」、8月15日に公開

ITmedia ニュース 8月16日(火)16時8分配信

 米Microsoft傘下のMojangは8月15日(現地時間)、予告していたWindows 10版Minecraft(β)のバージョン0.15.6へのアップデートを実施し、VR HMD「Oculus Rift」をサポートしたと発表した。

Microsoft Storeで公開されている

 12日の予告の段階では“来週中”とのことだったが、月曜日の公開になった(本稿執筆現在、筆者の環境ではWindows Storeを開くとまだバージョン0.15.4が表示されるので、“ローリングアウト”中なのかもしれない)。

 4月に公開した「Gear VR」版にはない機能として、キーボードとマウスをサポートする。また、VR対応PC向けのグラフィックス設定も可能だ。

 年内発売予定のOculus Riftのコントローラー「Oculus Touch」もサポートする計画だ。

 Minecraft:Windows 10 Edition BetaはMicrosoft Storeで1000円で販売している(本稿執筆現在はまだバージョンは0.15.4)。

 旧PC版を購入済みの場合はこちらから無償でダウンロードできる。

最終更新:8月16日(火)16時8分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]