ここから本文です

惜敗の女子卓球、瞬間最高視聴率は27・8% 福原悲運のエッジボール

デイリースポーツ 8月16日(火)12時0分配信

 リオ五輪の卓球女子団体準決勝・日本-ドイツの視聴率が、平均で20・6%、毎分視聴率の最高、いわゆる瞬間最高視聴率では日本の負けが決まった瞬間の27・8%だったと、中継したNHKが16日、発表した。

 NHKは総合で第2試合、第2ゲーム以降を放送。午前8時15分から同11時44分という、お盆期間とはいえ平日午前の時間帯だったにもかかわらず、高い数字を記録した。

 日本の負けが決まった瞬間は、福原愛が出場したシングルス。相手選手の打球が卓球台の角にはじかれるエッジボールで決着した。

 (視聴率はビデオリサーチ日報調べ。関東地区の世帯視聴率)

最終更新:8月16日(火)12時55分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]