ここから本文です

サンプラザ中野くんが「T―BOLAN」森友に嫉妬「口説きソングつくればよかった」

東スポWeb 8月16日(火)19時26分配信

 ロックバンド「爆風スランプ」のサンプラザ中野くん(56)が16日、都内で行われた「BACK TO THE GOOD DAYS」(9月27日、東京国際フォーラム)の開催発表記者会見で、「T―BOLAN」の森友嵐士(50)をいじりまくった。

 株に詳しい中野はまず「お金がうなってそうですね」と、森友のCD販売枚数を詳しくチェック。森友は「3年半の活動で1700万枚売れた。お金はどっかに消えた」と苦笑した。

 続けて「森友さんとは面識がなかったが、ちょっと前に人を介して『ご飯を食べましょう』とお誘いを受けていた。このイベントの話をしたかったのかな」とつぶやくと、森友は「あ、それ全然関係ない。ご飯を食べようと思っただけ」と大ウケしながら否定。中野は「縁があるということ」と喜んだ。

 さらには「格好が微妙にダイヤモンド☆ユカイ(54=元レッドウォーリアーズ)とかぶっている」と、B.B.クィーンズをほうふつさせる森友のファッションにツッコミを入れると、森友は「これは遊び。だんだん慣れていく」と照れた。

 だが、森友がピアノの弾き語りで自慢ののどを披露すると、スペシャルサポーターの道端アンジェリカ(39)はうっとり。その様子に中野は「私どもは口説きソングがないので、あのころにつくっておけばよかった」と悔しがってみせた。

最終更新:8月16日(火)19時26分

東スポWeb