ここから本文です

【高校野球】優勝候補・履正社エース寺島 3回戦敗退に「今までにないくらい悔しい」

東スポWeb 8月16日(火)20時4分配信

 第10日(16日)第4試合で優勝候補の履正社(大阪)は常総学院(茨城)に4―7で敗れ、3回戦で姿を消した。

 履正社は先発の山口(3年)が打線につかまり、早々と2回途中で降板。マウンドにはプロ注目の超高校級左腕・寺島(3年)を送り出したが、直後に1番有村(3年)のタイムリー三塁打、2番陶山(2年)の適時打で攻略された。

 精細を欠く寺島は5回にも、暴投で3塁ランナーをホームに返してしまう。さらにスクイズも決められた。その後、7回には3者連続三振を奪うなど7回2/3を投げ7奪三振の力投を見せたが、ベスト8進出はならなかった。

 寺島は「今までにないくらい悔しい。もっと上のステージでこの経験を生かしたい」と涙なく語った。

最終更新:8月16日(火)20時4分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]