ここから本文です

ドラ党SKE日高優月が始球式「力が入っちゃって」ワンバウンドに!

東スポWeb 8月16日(火)20時47分配信

 人気アイドルグループで名古屋・栄を拠点に活動しているSKE48が16日にナゴヤドームを訪れ、17日にリリースされる20枚目のシングル「金の愛、銀の愛」で初めて選抜入りした日高優月(18)がメンバーを代表して中日―巨人戦の始球式を行った。

“レジェンド左腕”山本昌氏をほうふつとさせる左投げのワインドアップで、スカート姿から大胆に脚を上げる豪快なフォームで観客を魅了したが、肝心の投球はワンバウンドで一塁側に大きくそれてしまった。

 地元愛知出身の日高は、子供のころには家族と約週4日のハイペースでナゴヤドームに野球観戦に訪れたという熱狂的なドラ党。「山本昌さんに近づけるようにと、野球の(指導)経験のある父から昨日、夜遅くまで教えてもらったのですが、すごい緊張してしまった。マウンドから投げるのが初めてで、やっぱ力が入っちゃって…。私のこの一球で(最下位・中日の停滞ムードを)変えてやろうくらいの強い気持ちでしたが、うまくいきませんでした」と残念がった。

 取材中には得意の野球物まねで、中日・ナニータの内角攻めをのけぞったり、ソフトバンク・松田のケンケン打法を披露して、報道陣を大爆笑させた。

 投球前には選抜メンバー18人で新曲「金の愛 銀の愛」と「パレオはエメラルド」を熱唱。3月30日の中日―広島戦(ナゴヤドーム)での始球式で、同じようにノーバン投球に失敗している松井珠理奈(19)は「私も優月もワンバンで届かなかったので、またリベンジしたい」と“再登板”をアピールした。

最終更新:8月16日(火)20時56分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。