ここから本文です

「ゴースト退治を五輪の新競技に」しずちゃん目論むゴーストバスターズ上映会

お笑いナタリー 8月16日(火)17時4分配信

映画「ゴーストバスターズ」の「日本語吹替版3D特別上映会イベント」が昨日8月15日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、日本語吹き替えを務める友近、渡辺直美、椿鬼奴、南海キャンディーズ・しずちゃんが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントでは、鬼奴としずちゃんがシークレットとなっていた自身の役柄を発表。鬼奴は「ホテルのフロント役で出ています。1回しか出ていないので聞きもらさないで」と語り、しずちゃんはレポーター役を担当していることを明かした上で「男の声と間違えられるかもしれません」と冗談めかす。

続いて友近ら4人は日本語吹き替え版主題歌「Ghostbusters~Japan Original ver.~」を歌唱。約500人の観客からは「ゴーストバスターズ!」との大合唱が巻き起こった。また途中には、友近らがゴーストを退治する素振りを見せて会場を盛り上げるひと幕も。しずちゃんは「2020年の東京オリンピックでは、このゴースト退治を新競技にしてもらうよう目論んでいます。ゴースト捕獲装置ならぬゴールド捕獲装置ですね」とコメントし、イベントを締めくくった。

映画「ゴーストバスターズ」は8月19日(金)に全国公開される。

最終更新:8月16日(火)17時4分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。