ここから本文です

DE DE MOUSEの頭部も飛び出した?音×映像による「VRDG+H #3」

音楽ナタリー 8月16日(火)18時0分配信

HIP LAND MUSICの主催イベント「VRDG+H #3」が8月11日に神奈川・DMM VR THEATERにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「VRDG+H」はHIP LAND MUSICのクリエイティブ部門「INT」と新たなオーディオビジュアルの表現を開拓する電子音楽のイベントシリーズ「BRDG」とのコラボレーションによるイベント。第3弾となる今回は昼夜2部制で、ミュージシャンと気鋭の映像作家による4組のユニットが音と映像でパフォーマンスを繰り広げた。

オープニングアクトのRay Kunimotoはキーボード、バイオリン、チェロのトリオ編成。映像を担当したKezzardrixと共にアコースティックとデジタルの組み合わせでオーディエンスを魅了した。続くTomgggは自身のアートワークを手がけるkazami suzuki、ライブの映像担当である大橋史と一緒にファンタジックな世界観をシアター全体に展開した。Tomgggはライブ前半、最新アルバム「Art Nature」収録曲を中心としたDJセットを披露。ライブ後半ではボンジュール鈴木を迎えてパフォーマンスを行った。

「VRDG+H」初回からの皆勤賞であるDUB-RussellはKeijiro Takahashiとコラボ。DUB-Russellが繰り出すビートにあわせ、Keijiro Takahashiが手がけた石膏の女神像の映像が激しく変形していく。彼らは堂々のパフォーマンスで観客を引き付けた。トリを飾ったDE DE MOUSEはこの日のパフォーマンスを「夏祭り」と称し、篠笛や和太鼓の力強いリズムを交えたポップなエレクトリックサウンドを響かせる。北千住デザインによるDE DE MOUSE本人からモデリングした頭部がモーフィングする映像と共にオーディエンスを楽しませた。

最終更新:8月16日(火)18時0分

音楽ナタリー