ここから本文です

竜星涼、「Bros.マックスマン」イベントで「また新しいヒーローを作れた」

映画ナタリー 8月16日(火)18時1分配信

「Bros.マックスマン」のスペシャルトークショーが本日8月16日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、キャストの竜星涼、内田理央、久保田悠来、青木玄徳、鬼越トマホークの坂井良多と金野博和が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、勉強も運動も苦手なアナウンサーが謎の力でマックスマンに変身して活躍する「Mr.マックスマン」の数年後を描いた続編。千葉雄大が演じた初代マックスマン・谷口正義の弟で、彼と同じテレビ局で働く新人AD・英雄がブラザーマックスマンに変身し戦う姿を追う。

「獣電戦隊キョウリュウジャー」にも出演していた英雄役の竜星は、本作が完成したことについて「また新しいヒーローを作れたことをうれしく思います」と述べる。アナウンサー・五十嵐梨奈役の内田は「前作にも出させていただいたんですけど、そのときよりもアナウンサーとして昇格していて、ちょっと誇らしかったです」と笑顔を見せた。

青木が前作に比べて久保田のアドリブが増えたことを指摘すると、竜星が「よくわからないところで『ルルルルルル』とか言ってましたね」と撮影当時を振り返る。久保田は「それだけに(出演シーンを)切られやすかったですね」と話し、苦笑いを浮かべた。

相方とともに強盗役を務めた坂井は「特に演技指導もなく、監督から『君らはこの役の天才だ』って言われました」とコメント。「今度“ブラザーファットマン”でスピンオフを……」と続けると、相方の金野がすかさず「なんだよブラザーファットマンって。皆さん、こいつさっきからすげースベってますよ!」とツッコみ、会場に笑いを巻き起こした。そんな鬼越トマホークの印象を聞かれた内田は「けっこう日焼けされてるなって」と見たままの感想を言い放つ。金野は、自身のレギュラー番組に竜星と内田がゲスト出演したことに触れつつ「でも正直距離は縮まってないみたいですね」とジョークを飛ばした。

最後に竜星が「千葉ちゃんと僕が兄弟並んで一緒に戦ったりとか、前作よりもパワーアップしたところがたくさんあります。『仮面ライダー』などいろんなヒーローもの出身の方も多く出られてるので、ぜひとも観ていただければと思います」と観客に向かって呼びかけ、イベントの幕を閉じた。

最終更新:8月16日(火)18時1分

映画ナタリー