ここから本文です

常総学院が履正社2枚看板を打ち崩す プロ注目左腕・寺島の夏、終わる

デイリースポーツ 8月16日(火)18時52分配信

 「全国高校野球・3回戦、常総学院7-4履正社」(16日、甲子園球場)

 常総学院(茨城)の打線が、履正社(大阪)の誇るプロ注目の左腕2人を打ち崩し、3年ぶりの準々決勝進出を決めた。

 履正社の先発は背番号10の山口裕次郎投手(3年)。その立ち上がりを常総学院打線が攻めた。

 1番・有村の二塁打を皮切りに5番・清水の適時打で2点先制。2回は、この回先頭の7番・石川の安打などで1死一、二塁として、早くも山口をKO。後を受けたエース・寺島成輝投手(3年)にも連続適時打を浴びせ、2回終了時点で5点のリードを奪った。

 直後に1点を返した履正社だったが、5回に守備の乱れなどから、さらに2失点。それでも直後の攻撃で敵失の間に1点を返し、6回にも寺島の二塁打から内野ゴロの間に、さらに1点を返す。九回にも1点を返して、3点差に詰め寄ったが、反撃もここまでだった。

最終更新:8月16日(火)20時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]