ここから本文です

J・ビーバー、新恋人をけなされ、「インスタを非公開にする」

Movie Walker 8月16日(火)19時21分配信

新恋人のソフィア・リッチー(17)との交際を公にしたばかりのジャスティン・ビーバーは、ファンたちがソーシャルメディアで彼女の外見をけなしているのに腹を立て、自分のインスタグラム投稿画像を全て非公開にすると脅しをかけている。ソフィアはライオネル・リッチーの娘で、今月13日と14日に日本でコンサートを行っていたジャスティンと共に日本に滞在していた。

【写真を見る】セレーナにそっくり!?ジャスティンの新しい恋人ソフィア・リッチー

「君たちが侮蔑的な書き込みをやめないのなら、僕はインスタグラムを非公開にするよ。これは常軌を逸している。もしも君たちが本当に僕のファンだったら、僕が好きな人にこんなひどいことができるわけがない」というメッセージをジャスティンはインスタグラムに投稿している。

「ワオ!彼は本気でこの子のことが好きなのね」「ジャスティン、あなたの恋人はまだ17歳ですよ」「この子、セレーナ・ゴメスにそっくり」「彼の音楽も非公開にしてくれないかしら」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには並んでいる。

ジャスティンのファンの中にはいまだに彼とセレーナの復縁を望んでいる人々も存在し、セレーナ以外の相手はとにかく全員こきおろすファンもいるようだ。しかし、セレーナはもう有名人のビッグスターとは恋をしたくないと明かしたばかり。

セレーナは「こんなことを私が言うのはバカみたいだと思われるかもしれないけど、人々から大騒ぎされる状況に自分の身を置きたいと思う人なんていないと思う。そんなことしたくないでしょう?私はあまり人に知られていない俳優やプロデューサー、ライターみたいな人たちと交際したいと思うけど、そういう人たちは私を敬遠するのよ」と話していたとContactmusic.comが伝えている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8月16日(火)19時21分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。