ここから本文です

盤石の強さを誇ったV候補に生まれた死角…なぜ履正社は敗れたのか

デイリースポーツ 8月16日(火)20時42分配信

 「全国高校野球・3回戦、常総学院7-4履正社」(16日、甲子園球場)

 優勝候補がまさかの展開で散った。7失点は新チーム発足後、昨秋の大阪大会3回戦で大冠に喫して以来のワーストタイ記録。二回からリリーフした寺島成輝投手(3年)は「言ったら言い訳になってしまうんですが…。体は50%もできていなかった」と明かす。

 大阪大会ではドラフト候補の背番号10番・山口裕次郎投手(3年)と、先発ローテーションを組んで戦ってきた。初回からブルペンでキャッチボールを始めていたが、その山口がいきなり2点を失った。二回も先頭に中前打を浴びたところで、再び寺島はブルペンへ。送りバントで1死二塁になった時、ベンチからブルペンのエースへ「急いでください」と選手が伝えにきた。

 ここで寺島は捕手を座らせて投球練習を開始。山口が四球を与えて1死一、二塁となったところでマウンドへと向かった。試合後、「難しかった」と明かした寺島。捕手を座らせての投球練習は10球程度。いきなり連打を浴びて5点にリードを広げられた。

 さらに五回には珍しくフィールディングミスを連発。岡田龍生監督は「普段は一塁への送球は安定している。もうこれ以上、点をやれないという焦りがあった」とエースの心境を代弁する。

 履正社は大阪大会初戦から一度もリードを奪われることなく勝ち上がってきた。他の公式戦をひもといてみても、二回までに5点のビハインドを負ったことは皆無。盤石の投手陣を持ち、大量失点の経験がなかったチームは確実に動揺へとつながっていった。

 気を吐いてきた打線も「これだけ点差が開いたんで、とにかく打つことをね」と岡田監督が明かしたように、機動力や戦術を使いづらい展開になった。安打は出るものの、余裕を持った常総学院・鈴木を追い込む展開に至らない。相手の守備も1点ならOKの深い陣形をとられた。

 ここまで盤石の戦いをしてきた履正社。超高校級の左腕両輪を抱える中、序盤の大量失点は誰もが予想しえなかった。強かったからこそ生まれた死角-。一発勝負のトーナメントは何が起こるかわからない。

最終更新:8月16日(火)20時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]