ここから本文です

ラブリーサマーちゃんの音楽に乗せ若者の今映す「TOKYO INTERNET LOVE」予告編

映画ナタリー 8月16日(火)20時0分配信

「TOKYO INTERNET LOVE」の公開が8月29日に決定。このたび予告編がYouTubeにて解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

インターネット上から突然消えた少女・チハがアップロードした音源を探し求めて、2人の少年少女が記憶と時間、インターネットを旅するさまを映し出す本作。モデル・女優のりりかが、チハに扮するほか、アイドルグループ・Maison book girlのメンバーである矢川葵、今川宇宙、庄司洋介、古山憲正が出演。映像作家のスズキケンタが監督を務め、音楽をラブリーサマーちゃんが担当している。

このたび公開された予告編では、若者たちが双眼鏡やスマートフォンを手に昼夜の街や森などをさまよい歩く姿が、ラブリーサマーちゃんの楽曲に乗せて静かに映し出されていく。

なお、本日8月16日の21時より、ライブストリーミングサイト・DOMMUNEの特集番組「MOOSIC DOMMUNE」にりりかと今川、庄司、スズキが登場。本作の内容についてトークを繰り広げる。詳細は公式サイトをチェックしよう。

「TOKYO INTERNET LOVE」は、8月29日より東京・新宿K's cinemaにて開催される映画と音楽の祭典、MOOSIC LAB 2016内で上映される。

最終更新:8月16日(火)20時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。