ここから本文です

少年がエイリアンと一体化!?異色ヒーローが悪に立ち向かうSFアクション公開

映画ナタリー 8月16日(火)20時29分配信

ヒーローアクション「マックス・スティール」が、12月3日に東京・池袋HUMAXシネマ、ヒューマントラストシネマ渋谷にて封切られる。

本作は、マテル社のアクション・フィギュア・シリーズを最先端のVFX技術を用いて実写映画化したもの。地球外生命体であるスティールと一体化することで、スーパーヒーローのマックス・スティールへと変身を遂げる少年マックスが、父親の死に関する秘密を解き明かすため悪に立ち向かっていくさまを描く。

主人公のマックスを演じるのは、M・ナイト・シャマランの監督最新作「Labor of Love(原題)」でブルース・ウィリスとの共演が決定しているベン・ウィンチェル。スティールの声を「インターンシップ」のジョシュ・ブレナーが担当しているほか、共演にはアナ・ビジャファーニェ、マリア・ベロ、アンディ・ガルシアの名が並ぶ。また、監督を「スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮」のスチュワート・ヘンドラーが務め、脚本を「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のクリストファー・ヨストが手がけている。



(c)2015 MAX STEEL HOLDINGS, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:8月16日(火)20時29分

映画ナタリー