ここから本文です

巨人・村田 自画自賛の決勝2ラン 「強くたたくことができた」

デイリースポーツ 8月16日(火)22時31分配信

 「中日0-2巨人」(16日、ナゴヤドーム)

 巨人・村田修一内野手(35)が四回2死一塁で、決勝弾となる先制2ランを放ち、チームを勝利に導いた。吉見が投じた2球目。高めに浮いた内角の140キロ直球を見逃さなかった。強振した打球は、右翼席へ着弾した。

 村田は「変化球も頭に置きながら、体がうまく反応しました。強くたたくことができたので、あそこまで飛んでくれたんだと思います」と満足げに振り返った。

最終更新:8月16日(火)23時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。