ここから本文です

広島・新井 セ・トップタイ84打点 「全然、気にしていない。本当に」

デイリースポーツ 8月16日(火)23時22分配信

 「広島5-0阪神」(16日、京セラドーム大阪)

 広島の新井貴浩内野手が、2安打3打点と大暴れ。チームの勝利に貢献するとともに、ヤクルト・山田と並ぶリーグトップの84打点とした。

 0-0の二回、能見の直球を右中間席にはじき返す14号先制ソロを放つと、三回には右犠飛。五回にも左前適時打を放った。本塁打は初球を捉えた一発。新井は「前回やられているからね。普段はあまり(初球を)振らないけど、思い切って振っていこうと思った」と振り返った。

 この日の3打点でヤクルト・山田と並ぶリーグトップの84打点。39歳のベテランは「全然、気にしていない。本当に」と笑うと、「とにかく打点を挙げてチームが勝てばいいけど、自分が打点を挙げられなくてもチームが勝てばいい」とフォア・ザ・チームを強調した。

 緒方監督は勝利の立役者について聞かれるとニンマリ。「本当にすごい、新井さん。お手本のような打撃を見せてくれた。さすがです」と声をはずませた。

最終更新:8月17日(水)10時15分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。