ここから本文です

福原愛、団体銅メダル獲得も「苦しい…苦しいオリンピックでした」

デイリースポーツ 8月17日(水)2時1分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・3位決定戦、日本3-1シンガポール」(16日、リオ中央体育館)

 福原愛(27)=ANA、石川佳純(23)=全農、伊藤美誠(15)=スターツ=の日本が、シンガポールに3-1で勝ち、銅メダルを獲得した。ロンドン五輪の銀に続いて2大会連続のメダル獲得となった。福原は試合後のインタビューで、号泣して言葉に詰まる場面も。「苦しいオリンピックでした」と心情を吐露した。

 3位決定戦は、第1試合は福原2-3で敗れたが、第2試合で石川3-0で勝ち、1勝1敗のタイに戻した。第3試合のダブルスは福原、伊藤組が3-1で勝ち王手。そして第4試合は世界ランキング9位の伊藤が、同4位のフェン・ティアンウェイに3-0のストレート勝ち。日本が銅メダルを獲得した。

 福原愛はインタビューで「本当によかったです」と言うと、涙があふれた。続くインタビュアーの「2大会連続のメダルですが?」の問いには、「ごめんなさい…」と言葉を発することができないほどだった。

 団体は、ドイツとの準決勝はシングルス、ダブルスともに敗れ、3位決定戦も第1試合で負けた。第3試合のダブルスは伊藤と組んで勝ち、銅メダルへの流れをつくったが、「足を引っ張ってばかりで…みんなに感謝しています。何度も何度も思い出しては後悔してたきのうときょうだったんですけど。死ぬ気で勝ちにいきました」と、責任を感じていた。

 2大会連続メダル獲得は快挙だが、福原にとっては悔しさも残った。シングルスでは準決勝に進んだがメダルに手が届かず、団体は決勝に進めなかった。「もちろんいい試合もあったんですけど、悔しい試合も、それと同じぐらいあったので。本当に苦しい…苦しいオリンピックでした」と話すと、また涙があふれた。

最終更新:8月17日(水)5時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。