ここから本文です

石川佳純、シングルス初戦敗退から立てなおす「3人で取った勝利」

デイリースポーツ 8月17日(水)2時39分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・3位決定戦、日本3-1シンガポール」(16日、リオ中央体育館)

 福原愛(27)=ANA、石川佳純(23)=全農、伊藤美誠(15)=スターツ=の日本が、シンガポールに3-1で勝ち、銅メダルを獲得した。ロンドン五輪の銀に続いて2大会連続のメダル獲得となった。第2試合のシングルスで勝った石川は、試合後のインタビューでは「みんなで一丸となって戦いましたし、本当に3人で取った勝利です」と話すと、涙があふれた。

 3位決定戦は、第1試合で福原が敗れ、石川は1敗で迎えた第2試合に出場。3-0で勝利し、流れを引き戻した。シングルスで初戦敗退した日本のエースは、そこから気持ちを立て直した。「シングルスは本当に残念でしたけど、団体でもメダルが欲しかったので、銅メダルを獲得できて本当に本当にうれしいです」と喜びを口にした。

 もつれれば第5試合に出場することになっていたが、2勝1敗で迎えた第4試合で伊藤が勝って、最後の出番はなかった。15歳の伊藤を「プレッシャーがかかるところで思い切ったプレーをしてくれた」と絶賛。前回大会は団体で銀メダルを獲得していたこともあり「プレッシャーはすごくあった」というが、2大会連続のメダル獲得。「シングルスの負けから気持ちを切り替えて3人で頑張ることができました」と、最後は笑顔を見せた。

最終更新:8月17日(水)5時36分

デイリースポーツ