ここから本文です

シンクロ乾、三井組が銅メダル 2大会ぶり

デイリースポーツ 8月17日(水)3時28分配信

 「リオ五輪・シンクロナイズドスイミングデュエット・フリールーティン決勝」(16日、マリア・レンク水泳センター)

 乾友紀子(25)=井村シンクロク、三井梨沙子(22)=東京シンクロク=の日本は、94・9333点で。テクニカルルーティンの93・1214点との合計が188・0547点となり、銅メダルを獲得した。北京五輪以来、2大会ぶりのメダル獲得となった。2人は井村コーチと抱き合って、喜びを分かち合った。

 金メダルはロシア、銀メダルは中国のペアが獲得した。

最終更新:8月17日(水)3時40分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]