ここから本文です

本木雅弘主演「永い言い訳」がトロント国際映画祭へ、監督・西川美和から喜びの声

映画ナタリー 8月16日(火)23時0分配信

西川美和の監督最新作「永い言い訳」が、第41回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門に出品されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

西川にとって前作「夢売るふたり」に続き2度目の出品となるトロント国際映画祭。ノンコンペティションの映画祭であるため、観客賞が最高賞にあたり、過去には同賞に「ルーム」「それでも夜は明ける」といった米アカデミー賞受賞作も選ばれた。

この知らせを受け、西川は「多くのジャンルの映画をアグレッシブに紹介してくれる、トロント国際映画祭でワールドプレミア上映を行えることを誇りに思います。長い時間、共に作品作りに力を尽くしてくれた多くの人たちに感謝したいです。この映画祭を扉として、少しでも遠くまで作品を届けて行けるきっかけを掴めれば良いなと思います」と喜びを語っている。

「永い言い訳」は、直木賞候補となった自身の書き下ろし小説を西川が自ら映画化した作品。妻の事故死を悲しめずにいる人気作家が、同じ事故で母を失った遺族との交流を通して変化していくさまを描く。作家を本木雅弘が、その妻を深津絵里が演じ、妻とともに亡くなった親友の夫に竹原ピストルが扮した。10月14日より全国ロードショー。なお第41回トロント国際映画祭では、カナダ現地時間9月17日と18日に上映される予定だ。



(c)2016「永い言い訳」製作委員会

最終更新:8月16日(火)23時0分

映画ナタリー