ここから本文です

グレコ66キロ級井上智裕、銅メダルならず 3決は0-1判定負け

デイリースポーツ 8月17日(水)5時17分配信

 「リオ五輪・レスリング男子グレコローマン66キロ級・3位決定戦」(16日、カリオカアリーナ)

 井上智裕(29)=三恵海運=は、3位決定戦でシュマギ・ボルクバゼ(ジョージア)に0-1の判定で敗れた。わずか1ポイント差で、銅メダルを逃した。第2ピリオドで3度目の口頭注意を受けて相手にポイントが入り、そのまま試合は終了した。

 井上は初戦となった2回戦で2014年世界選手権優勝のダボル・ステファネク(セルビア)にテクニカルフォール負けを喫した。しかしステファネクが決勝に進んだため、井上は敗者復活戦へ進み、フランク・シュテプラー(ドイツ)に勝って3位決定戦に進んだが、メダルにはあと一歩、届かなかった。

最終更新:8月17日(水)6時7分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。