ここから本文です

SWシリーズの新作『ローグ・ワン』は父と娘の物語 特報第2弾公開

オリコン 8月16日(火)4時0分配信

 「スター・ウォーズ」シリーズの新作映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)の特報第2弾が世界に先駆けて日本で解禁された。

【動画】映画『ローグ・ワン』特報第2弾(日本語版)

 『ローグ・ワン』は、「スター・ウォーズ」の“銀河史”の中で、シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞にして究極の兵器“デス・スター”の設計図を手に入れた経緯にフォーカスした新しい物語。

 主人公は、窃盗・暴行・書類偽造と悪いことは何でもこなすトラブルメーカーで一匹狼の女戦士ジン(フェリシティ・ジョーンズ)。訳あって彼女は反乱軍(正義)の仲間と共に、帝国軍(悪)の究極の兵器“デス・スター”の設計図を入手するという「97.6%の確率で失敗する」ミッションに挑むことになる。

 彼女のお目付け役に任命された反乱軍将校のキャシアン・アンドア(ディエゴ・ルナ)、盲目ながらフォースの力を信じ、研ぎ澄まされた武術で敵のストームトルーパーを圧倒するチアルート・イムウェ(ドニー・イェン)ら。ジェダイが存在しない時代、フォースもライトセーバーも使えない5人が集まって、チーム“ローグ・ワン”として奔走する。

 新たに公開された映像は、ジンが反乱軍の基地で「(帝国軍からのメッセージの)発信者は君の父だ」と告げられ、強い戸惑いの表情を見せるシーン。父親の名前はゲイリン・アーソ(マッツ・ミケルセン)、天才科学者である。ジンは、幼い頃に父親と生き別れ、その後、ひとりぼっちで何年もの間生きてきた。その間、父親はどこにいたのか? なぜ家族はバラバラになってしまったのか? ジンと父親の物語が、この世界にどのような結果をもたらし、どのようにすでに語られている「スター・ウォーズ」の物語へとつながっていくのか。

 AT-ATとの壮絶なバトルや、シリーズ初となる海岸での戦闘なども見どころ。映像の最後には、映画史上最も有名な悪役、悪役の代名詞とも言えるダース・ベイダーも登場する。

最終更新:8月16日(火)4時0分

オリコン