ここから本文です

UKアルバム・チャート、新人バンドBlossomsが1位に

BARKS 8/19(金) 12:16配信

今週の全英アルバム・チャートは、今年期待の新人リスト<BBC Sound Of 2016>で4位に輝いた、英国マンチェスター(ストックポート)出身のインディ・ロック・バンドBlossomsのセルフ・タイトル・デビュー・アルバムが初登場で1位を獲得した。

◆Blossoms画像

2位にはロンドン出身のラッパーGiggsの4枚目『Landlord』がチャート・イン。ドレイクの『Views』が4位から3位へ再浮上し、10位圏内にトップ2枚のほか、ワイルド・ビースツの5枚目のスタジオ・アルバム『Boy King』(9位)、ケント州出身のエモ・ロック・バンドMoose Bloodのセカンド『Blush』(10位)が初登場している。

シングル・チャートは、メジャー・レイザーとジャスティン・ビーバー、MOのコラボ「Cold Water」が3週連続で1位をキープ。2位に同じくジャスティン・ビーバーをフィーチャーしたDJ Snakeの「Let Me Love You」が初登場し、先週2位だったカラム・スコットの「Dancing On My Own」が3位へ後退した。「Let Me Love You」はセールスでは「Cold Water」を上回ったが、ストリーミングを合わせると、「Cold Water」のほうが抜きんでたという。

今週はこのほか、トゥエンティ・ワン・パイロッツのニュー・シングルで映画『Suicide Squad』のサントラに収録される「Heathens」が20位から9位へ急上昇し、トップ10入りしている。

Ako Suzuki

最終更新:8/19(金) 12:16

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]