ここから本文です

ジャック・ホワイト、ホワイト・ストライプスの未発表曲をリリース

BARKS 8/19(金) 12:17配信

ジャック・ホワイトが来月、1998~2016年の間にレコーディングしたレアな曲のコレクション『Jack White Acoustic Recordings 1998 ? 2016』をリリースする。ホワイト・ストライプス時代の未発表曲「City Lights」も収録されているという。

◆ジャック・ホワイト画像

「City Lights」は元々、彼らが2005年にリリースした5枚目のスタジオ・アルバム『Get Behind Me Satan』のために作られた。ホワイトは『Get Behind Me Satan』のヴィニール盤リイッシュー(2015年)を準備中、同曲を発見し、今年完成させたそうだ。アルバムに先駆け、先週、ダウンロード・リリースされた。

『Jack White Acoustic Recordings 1998 ? 2016』のトラックリストは以下のとおり。

SIDE A
1.Sugar Never Tasted So Good
2.Apple Blossom(Remixed)
3.I'm Bound To Pack It Up(Remixed)
4.Hotel Yorba
5.We're Going To Be Friends
6.You've Got Her In Your Pocket
7.Well It's True That We Love One Another
8.Never Far Away

SIDE B
9.Forever For Her(Is Over For Me)
10.White Moon
11.As Ugly As I Seem
12.City Lights(ホワイト・ストライプス未発表曲)
13.Honey, We Can't Afford To Look This Cheap
14.Effect & Cause

SIDE C
15.Love Is The Truth(Acoustic Mix)
16.Top Yourself(Bluegrass Version)
17.Carolina Drama(Acoustic Mix)
18.Love Interruption
19.On And On And On
20.Machine Gun Silhouette(Acoustic Mix)

SIDE D
21.Blunderbuss
22.Hip(Eponymous)Poor Boy(Alternate Mix)
23.I Guess I Should Go To Sleep(Alternate Mix)
24.Just One Drink(Acoustic Mix)
25.Entitlement
26.Want And Able

『Jack White Acoustic Recordings 1998 ? 2016』は、9月9日にホワイトのレーベルThird Man Recordsからリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:8/19(金) 12:17

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]