ここから本文です

ヴィンス・ニール「モトリー・クルーの最終公演、感情的になっていたのは俺だけ」

BARKS 8月19日(金)12時20分配信

以前、トミー・リー(Dr)が、モトリー・クルーの最終公演はあさっとりした幕切れだったと話していたが、ヴィンス・ニール(Vo)によると、確かに、込み上げてきた感情を露わにしたのは彼一人だったそうだ。

◆ヴィンス・ニール画像

ニールは、米マサチューセッツ州の新聞『Telegram』のインタビューで、こう話した。「バンドで感情的になっていたのは俺だけだったと思うよ。あの夜、全てが一緒になり“これで終わりなんだ”って思った」

ニッキー・シックスは以前、最終日「ヴィンスは泣いていた」と話していた。

しかし、終わったのは1つの章だけ。2015年12月31日にモトリー・クルーのラスト・ツアーを終えてから2週間後、ニールは早くも自身のバンドとのライブ活動をスタートした。彼は現在、モトリー・クルーとソロのヒット曲をプレイする<The Legacy Continues>ツアーを開催中。

「俺を止めさせることはできない。俺はラストマン・スタンディング(最後まで立ち続ける男)だ。このために生きてるんだ。俺はロード・シンガーだ。俺は、パフォーマンンスしているときが幸せなんだ」と話した。

Ako Suzuki

最終更新:8月19日(金)12時20分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。